性病になったけど、人には知られたくない!!アジーで感染症の治療を

「性病になってしまったけど、誰にも相談できない」というケースは性病に感染してしまった際には意外にも多くあるのではないでしょうか。
そんな時に利用したいのが、誰にも知られず自分一人でも治療ができる性病治療薬である「アジー」。
アジーは個人輸入代行サイトによって簡単にネットから購入することができる、性病治療薬です。

今回、本稿ではあまり聞きなれない性病治療薬のアジーがどんな薬なのか、
そもそも安全な製品なのか、使用上の注意点なども併せて紹介していきたいと思います。

アジーってどんな薬なの!?

アジーは性病で代表的なクラミジアや淋病などの性感染症系の病気の治療薬であり、効果はこれら以外でも尿道炎、子宮頸管炎、マイコプラズマやインフルエンザ、呼吸器感染症などにも有効とされています。
また、アジーはインドの大手製薬会社、シプラ社が製造しており、世界10か国にある工場では医薬品国際標準品質規則であるWHOGMPの承認がされており、安全性や信頼性が高く評価されている感染症の治療薬なのです。
そして、上述したように特徴としては、クラミジアや淋病といった性感染症以外での細菌感染に対しても適応があり、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果を持つとされています。

性病をほっておくと恐ろしい病気などのリスクも

性病にかかってしまうと、何とかしたいけど「恥ずかしくて病院にも行くことができない」という方も中にはいると思います。
しかし、性病にかかったら必ず治療をするようにしなければなりません。
性病を放置していると、まず男女両方にいえることですが、不妊になる可能性があり、それ以外にも関節や骨盤、心臓の病気になることがあります。
また性病の一種、梅毒は心不全を起こし、死に至ることがありますので決して放置するようなことは避けましょう。

アジーを利用するメリット

アジーの効果や安全性については前述した通りですが、それ以外でのアジーを利用するメリットについて簡単に触れたいと思います。
まず、アジーはアジスロマイシンという同じく性病治療薬の後発品、つまりジェネリック医薬品となるため、比較的安価に入手することが可能な薬です。
その価格差は2倍以上とされ、仮に病院にかかるとしたらその差は3倍になるため、成分や効果も同じであるアジーは購入するのには大変お得な製品になります。
ちなみにジェネリック医薬品とは選抜品と同じ有効成分で作られ、同じ効果があると認められた医薬品のことを指し、開発費や宣伝費がかからないので先発品よりも安価に購入することができます。
アジーを購入する際は医薬品の正規品を取り扱い、決済にも便利なくクレジットカードの利用が可能な三越屋という個人輸入代行サイトがおすすめです。

使用法と注意点

アジーは感染症の様々な症状に効く万能な治療薬ですが、使用方法や禁忌事項を守らなければ効果はでないどころから、副作用などの症状、体調不良にもつながりますので、使用の際はしっかり以下のことを守るようにしましょう。

アジーを服用する際にはクラミジアなどによる尿道炎、子宮頸管炎の治療には1錠(1000mg)を水またはぬるま湯で1回とし、できれば決まった時間に飲むようにします。
また、クラミジア以外での扁桃炎、肺炎、気管支炎やリンパ管、咽頭炎などの場合は1日1回、500mgを3日間服用するようにしてください。
通常では1~2回での服用で治療は完了とされているのですが、その効果などの判断を正しくみるためには医師による検査が必要なので、完治したかどうかは専門の医療機関で確認するようにしましょう。
アジーを服用した際の副作用についてですが、主に副作用として知られているのは腹痛や下痢、吐き気、嘔吐などの消化器症状で、それ以外の低頻度だが起こり得るのは急性腎不全、肝機能障害やアナフィラキシーなどがあるとされています。

まとめ

性感染症の病気は近年でも若者の間で多くの感染症の報告が出ています。
原因としては性病に対する意識の薄さなどがあると思いますが、実際に性病の感染力は高い上に感染したとしても自覚症状がなかなか出づらい点も挙げられます。
そのためにどんどんと性病患者が増えていきやすいのが、この性病の怖さではないでしょうか。
また、性病に感染すること自体がデリケートな問題であり、あまり人には相談しにくい病気なため、本稿でも取り上げたように、まず最初の治療法として個人で治療を始められる、個人輸入代行サイトでのアジーの利用をおすすめします。
アジーだと誰にも知られずにプライバシーが守られますし、安価にネットから購入できることから今では多くの人が利用しています。
「性病にかかってしまったけど誰にも相談できない」、「できれば誰にも知られずに治したい」という方は是非一度、三越屋からのアジー利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す