運動や食事管理だけでは糖尿病は防げない!?本当に必要な対策とは!?

生活習慣病の代表であり、日本の成人6人に1人が予備軍も含め、患っているとされる「糖尿病」。
そんな糖尿病に関してはほとんどの人が生活習慣からくる病気であるということや糖尿病によって危険な病気になるリスクが高いということはご存じだと思います。
そのため今日では、多くの人が食事や運動などをして日頃の生活習慣の改善に向けて取り組んでいます。
しかし、対策もしていたし自分は大丈夫だと思っていたけど糖尿病になってしまった人、まだ若いのにと思っていた人の中でも糖尿病にかかった人は多いです。
本記事ではそんな糖尿病に対して「良いと思っていた対策が実は間違っていたこと」、「なぜ良いとされていた対策だけでは不十分なのか」、「他にどんな対策が糖尿病を防ぐ上では必要になるのか」ということについて書いていきたいと思います。
また、改めて糖尿病についてもどんな病気でなぜ糖尿病になるのかなど、基本的なことも簡単に紹介していきたいと思います。

糖尿病ってどんな病気!?なぜ起きるのか!?

糖尿病というのは体内にあるインスリンという血液中にあるブドウ糖を調整するホルモンが不足してしまい、高血糖状態が続く病気のことを指します。
糖尿病が怖いのは、この高血糖状態が続くことで合併症による恐ろしい病気を引き起こしてしまう恐れがあるためです。
高血糖の状態が続いてしまうと、血管がもろくなることで血液の循環が悪くなり、身体中に十分な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。
それによって、脳梗塞、心筋梗塞、神経障害、動脈硬化など、よく私たちが危険な病気と認知しているものを引き起こすリスクが高まってしまうのです。
そのため、糖尿病は恐れられ常に血糖値は正常な状態に保ち続けなければならないのです。

なぜ血糖値に異常を引き起こすの!?

この血糖値についてですが、悪影響を引き起こしてしまう原因には普段の生活習慣によることが大きいとされています。
代表的なものを3つ挙げると、食事、運動、ストレスになります。
食事においては飲みものも含め、脂っこいもの、糖分の摂りすぎには注意し、アルコールも控えることが大切です。
また、ストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ血糖値に悪影響を与えるため、運動などもして緩和することが重要になります。

運動や食事を気にかけても糖尿病になってしまう理由

しかし、適切な食事や運動を行っても糖尿病になってしまう人、改善しない人は一定数います。
確かに食事管理や運動を行うことで糖尿病の予防になるのは事実ですが、必ずしも100%防げるというわけではなく、例えば日頃からストレスを受けやすい状態にいると、運動をしても一時的には解消されますが、そもそもストレスを受ける環境を変えなければ意味がありませんし、運動のやりすぎは逆効果になる可能性があります。
適度な運動、有酸素運動などはリラックス効果や血液循環に良いとされていますが、長時間または激しい運動は逆に尿酸値を上げてしまう原因になりますし、集中力の低下や健康を損ねることがあります。
なので、栄養バランスのとれた適切な食事を継続することに加え、ストレスを受けやすい環境を変えることや適切な運動を行うことを心がけなければ、単純に食事や運動をすれば大丈夫というわけではないのです。
また、糖尿病にかかってしまった場合、血糖値がとても上がりやすい体質に変わってしまった状態になるので、そうなると体質が変わってしまった場合はいくら
生活習慣を改善するために運動や食事管理を行ったとしても、糖尿病を完治させることは難しいというわけです。

ジャヌビアは糖尿病を改善する治療薬

そこで、日頃からの運動や食事管理に加えて、糖尿病の原因となるインスリンの不足を解消し糖尿病治療薬として知られるジャヌビアの使用をおススメします。
ジャヌビアはインドの大手製薬会社、MSD社が製造している医薬品で血糖値を下げるインスリンを分泌させる働きから血糖値を正常の状態に保つことができ、高血糖状態である糖尿病によって引き起こされる合併症を防ぐことができます。

使用注意点と副作用について

ジャヌビアは通常、成人は1日1回1錠を服用しますが、万が一効果がみられない場合にはその時の状態をみながら1日1回2錠に増量し、服用することがあります。
飲み忘れに気づいた場合にはすぐに1回分を服用していいですが、次に服用する時間が短い際は服用しないようにしてください。
服用する回数や数量を守ることが絶対条件ですが、もしも誤って多く服用してしまった場合にはすぐに医師や薬剤師に相談するようにし、指示があるまでは服用しないようにしてください。
ジャヌビアの副作用には様々なものがみられ、アナフィラキシー反応、呼吸困難、蕁麻疹、動悸、発熱、手足の震え、めまいや頭痛、嘔吐、筋肉の痛みなどがあります。
これらの症状がひどい場合や長続きしてしまう場合にはすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしてください。

まとめ

糖尿病は恐ろしい合併症の病気を引き起こしやすいものであると同時に誰にでもなる可能性が高い病気です。
それを防ぐためにも日頃から運動や食事管理など、生活習慣の改善を行っていくことの重要性はこれまで述べてきた通りです。
しかし、繰り返しになりますが生活習慣を見直すだけでは100%防ぐことはできないということを念頭に置き、糖尿病治療薬であるジャヌビアの使用も同時に行っていくようにしてください。
ジャヌビアは個人輸入代行サイトである三越屋で通常より安価に購入することができます。
万が一のために一度検討してみることをおすすします。

コメントを残す