今から改善しないと超危険!!ディラトレンドで高血圧を防げ!!

高血圧によって引き起こされる病気には脳梗塞、脳卒中、狭心症など、命に関わる危険な病気が多く存在します。
しかし日々、生活をしていく上で血圧があがってしまっていくことは避けられないところがあります。
例えば人付き合いの中でのストレスや食事管理をしていく上での食事制限などは生きていく上で、完全に避けることは難しいところがあるでしょう。

では、そんな血圧と上手く付き合っていき、事前に危険な病気を避けるためにはどういった心構えが大切なのでしょうか。
本記事では、血圧に関することから日々の管理法までをどのようにしていくのか、また血圧が上がってきてしまった場合の治療薬であるディラトレンドを紹介していきたいと思います。

高血圧な状態とは!?

みなさんの普段の血圧はどれくらいでしょうか。
高血圧といっても、一般的にどこからが高血圧というのでしょうか、また、適正値は人によって違うのかもしれません。
日本高血圧学会での成人血圧値の分類によると、高血圧には3つのレベルがあるようです。
さらに高くなる順として、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度とあり、それぞれ最高血圧が140~159、160~179、≧180となっています。
正常の血圧は<120で、120~129までを正常の中でも高値血圧という位置づけになっています。
もし、これらの数値より高く、すでに高血圧状態の人は注意が必要です。
高血圧も防ぐためにも日々、自身の血圧の数値を管理し、これから紹介する対策と一緒にコントロールしていくようにしていきましょう。

血圧をコントロールする3つの要素

①食事

言うまでもなく日々、健康かつエネルギッシュに生活をしていく上で食事の重要度は高いです。
単純に「お腹がすいたから食事」「好きだからラーメン」をとるのではなく、今の自分に欠けているものを客観視して必要な栄養を考えた食事管理をしていかなければなりません。
食事については奥が深く、この記事内では十分に紹介することは難しいですが、食事によって健康だけでなく、生産性や人間関係にも影響を与えるくらいとても重要なのです。
例えば体の第二の心臓と呼ばれる「腸」にはその日、その時の体調が左右されるくらい、食事によって影響を受け、消化が早いものと消化が遅いものを同時に摂取してしまうと体調が崩れやすくなり、仕事やそれ以外のことではなくなくなってしまうのです。
また、食べるものによって血圧が上がったり下がったりするものがあるので、これらについてもうっかり食べ過ぎてしまった、知らずに日頃から多く接種していたなどのことがないよう、十分に気を付けていかなければなりません。

②運動

運動に関しても食事と同じくらい重要な要素になります。
食事と同じく、運動をするかしないかによって、その日の体調や集中力などの生産性が変わり、運動によって日々の過ごし方が変わっていきます。
また、運動をすることにより血液の巡りがよくなり、高血圧を防ぐ助けにもなります。
毎日、軽め(20~30分程度)でもいいので、ジョギングやランニングなどの運動を行っていくことをおすすめします。

③ストレス

このストレスが一番、高血圧を起こす原因なのかもしれません。
ストレスによって一時的な血管の収縮が起き、それが長期的に重なると血管がもろくなり、血液の循環が悪くなってしまいます。
また、ストレスを受けることによって過剰な飲食やタバコなど、さらに高血圧を引き起こすものに手を出してしまいがちになるからです。
日々ストレスを受ける環境から少しでもストレスを軽減できる環境に身を移すこと、または運動やそれ以外の趣味などに没頭し、ストレスを解消することが大切になります。

ディラトレンドで高血圧を改善

高血圧をコントロールし、様々な危険な病気から身を守っていくためには生活習慣を変えるだけでなく、ディラトレンドでの治療を試すことをおすすめします。
ディラトレンドは心臓の拍動を抑え、心臓の負担を減らし狭心症の発作を予防したり、心臓の働きを改善し、心不全の悪化の予防、血圧を下げる効果を持つ降圧剤です。
また、高血圧の治療にはストレス解消や運動を行うことにもつながるのですが、交感神経に働きかけることで脈拍を落ち着かせ、血圧を下げてくれます。

私たちは日々、血圧の上がる環境の中で生きている

血圧が上がる原因には遺伝的なものと環境的なものがありますが、多くは環境的な原因によるものが多いです。
そして冒頭でも記載した通り、環境的なものは個人で変えていくには難しいところや限界があります。
仕事や家族、友人などといった人間関係、食事や運動といった生活習慣に関することなど、全てを完璧に管理していくことは相当な負荷がかかるのではないでしょうか。
そのためには日頃の生活習慣の改善だけに頼らず、一つの選択肢としてディラトレンドでの高血圧改善を持つことで余裕が生まれ、より高血圧を防ぐことに繋がるのではないでしょうか。

コメントを残す