不安や睡眠障害の時にはバスピンで睡眠を確保し、快適な生活を送ろう

言うまでもなく睡眠は生きていく上で、なくてはなりません。
睡眠不足になるとまともな判断がつきませんし、記憶力や集中力も低下し仕事や人間関係にも悪影響を及ぼします。
しかし、そうは言っても誰しもが、いつもすんなりとすぐに熟睡できるわけではありません。
特に不安や悩みがある時ってなかなか寝付けないですよね。
しかし、そうなる原因にも必ず理由があります。
本記事では、睡眠の重要性を再確認するとともに、1日最低でもどれくらい確保する必要があるのか、また、なかなか寝付けず安定した睡眠がとれない場合に試してもらいたいバスピンを紹介したいと思います。

睡眠の重要性とその役割

睡眠が大事なのは誰でもわかるとは思いますが、ではなぜ大事なのかということをあまり理解している人は少ないのではないでしょうか。
2020年にフランスのヘルスケアデバイス社が日本を含む世界14か国の平均睡眠時間を調査したところ日本は14か国中、最も平均睡眠時間が短い6時間22分19秒で、ショートスリーパーの率が高かったことが分かりました。
世界平均(7時間8分45秒)でみても、かなり低いことが分かります。
その事実をもとに改めて睡眠の重要性を再確認していきたいと思います。

①体のあらゆる疲れをとり、回復させる

まず睡眠は一日働いた体の疲れをとってくれます。
睡眠には深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)があり、それらを繰り返しながら人は睡眠は行われます。
この二つのうち、深い睡眠がしっかりと得られると成長ホルモンがたくさん分泌され、体の代謝活動がしっかり促され体の疲れがしっかり取れます。
また、同時に脳も十分に休息できるので自律神経を整え、ストレスからも回復できるようになり、不安や悩みもしっかりと解消されます。
さらに、前述した成長ホルモンには肌のターンオーバーも促進してくれる働きもあるので、しっかりと睡眠がとることで肌も綺麗になっていきます。

②記憶を定着させ、集中力を高める

睡眠によって記憶を定着させ、集中力をアップさせる効果があります。
深い睡眠(ノンレム睡眠)によって記憶を整理し浅い睡眠(レム睡眠)の時にしっかりと脳に定着させる働きがあります。
言うまでもなく記憶力があがり、集中力が高まると普段の仕事の生産性は劇的に上がっていきます。

③健康な体を形成する

睡眠は健康な体を形成するのに大きな役割を果たします。
睡眠をとることによって、免疫力の向上、維持などにつながり、風やインフルエンザ、その他の病気にかかりにくくしてくれます。
逆に十分な睡眠が得られないと、様々な病気にかかるリスクが高まることが知られているのです。
特に睡眠によって代謝を上げ、血の巡りをよくする効果があるため、肥満の防止にもつながり、その結果脳梗塞や心筋梗塞などの危険な病気にかかりにくくしてくれるのです。

適切な睡眠時間は7~8時間

睡眠時間の重要性は分かったけど、「具体的にどれくらいの睡眠をとればいいの?」や「じゃあ、たくさん寝ればいいの?」と疑問に思う方もいることでしょう。
ある調査によると適切な睡眠時間は7~8時間と言われています。
睡眠不足になると、判断力や集中力の低下、イライラしたり病気にかかりやすくなると言われています。
その一方で逆に睡眠をとりすぎても糖尿病、心臓病のリスクが高まり、死亡率が上がってしまうことが分かっていますので、目安としては7~8時間の睡眠を確保するようにしましょう。

なぜすぐに寝付けず、睡眠不足になるのか!?

寝たくても眠れない人は多いのではないでしょうか。
寝ないと明日にも響くし、睡眠のは重要性は分かっているけど、なかなか寝付けない。または眠りが浅くすぐに目覚めてしまうなどがあります。
寝つきが悪くなる原因には原因として以下のものが挙げられます。

①ストレスや不安

日常的なストレス、不安を抱えたままだと布団に入っても色々と考えてしまい、なかなか寝付くことができません。
ストレスや不安といった心理的なものは交換神経を活発化させ、副交感神経を抑制し睡眠を妨害させてしまうのです。
ストレスや不安といったものは仕事や家族、恋人、友人などといった様々な人間関係によって生じてしまいます。

②睡眠のリズムがバラバラ

日によって睡眠する時間が違うと、寝なくてはいけない時にすんなり寝ることが難しくなります。
寝すぎた日にはなかなか夜、寝付けずに次の日、睡眠不足になったことはあるのではないでしょうか。
安定した睡眠のリズムを作ることが重要になります。

③カフェインなどによる外的なもの

就寝前の行動によって、寝つきや睡眠の質が変わります。
コーヒーやお茶などに含まれるカフェイン、アルコールは寝つきを悪くさせ、睡眠の質を低下させます。
また、飲み物以外でも寝る前のスマフォ操作も睡眠の質を大きく下げるので、就寝前にはリラックスした状態で布団に入るように習慣づけましょう。

バスピンで安定した睡眠を確保する

バスピンは飲めばすぐに眠くなるという睡眠薬ではなく、主に精神的に睡眠障害に陥っている人へ不安やストレスを取り除く抗不安薬として使用されていますが、不安や緊張、ストレスなどを抑え、安定した睡眠を確保することにも適した薬です。
バスピンを服用すると脳内のセロトニンに作用し、その濃度を高めてくれます。
それによって神経伝達物質のアドレナリンやドーパミンが増強され、不安や緊張を緩和し自然な睡眠に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
睡眠は人生の中心に置いてもいいくらい、すごく重要なことであり、いかに睡眠の質と量をあげるかが人生の幸福度や満足度に繋がると言えます。
良い睡眠をするだけでも人生は向上していくでしょう。
もし、今十分な睡眠がとれていないという人は、この機会に一度バスピンを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す