本当に大丈夫なの!?あまり、よく知られていないピルについて

みなさんは女性避妊薬の「ピル」についてはどういうイメージをお持ちでしょうか。

「なんかよく分からないし、危険そう」、「将来、妊娠しづらくなるのではないか」、「赤ちゃんに影響がありそう」・・・など
どちらかと言うと、このようなネガティブなイメージが一般的に多いのではないかと思います。

その理由として、ピルは日本での認可が降りるのに時間がかかったため、あまり普及しなかったことが、「よく知らないものは危険なもの」とピルにはネガティブなレッテルができたのだと思います。
しかし、実はフランスのように海外ではピルの使用を当たり前の様に行っているところもあります。
本記事では改めてピルについて一体どのような薬かということを記載していき、
そしてピルは思っているほど危険なものではなく、むしろ今後の人生に欠かせないものであったということについても紹介していきたいと思います。

ピルとは一体どんな薬なの!?

ピルとは「避妊薬」のことを指します。
コンドームは正しく使用したとしても約3%の失敗率があるとされるが、ピルはより確実な避妊を実現します。
また、避妊以外にも月経痛や子宮内膜症の改善やニキビの治療、貧血の予防、肌荒れの解消、卵巣ガンや子宮がんなどの発症を防ぐ効果もあるとされ、避妊以外の目的で使用される方が6割もいるとされています。
前述したと通り、フランスでは既にピルの使用は一般的になっており、その使用率は60%、ヨーロッパ全体でみても40%前後であるのに対し、日本はたったの1~3%しかありません。
あまり知られていないことから、よく知らないものは使用しないという理由でこれほどの差になっていると思いますが、実はピルを使用することで様々なメリットを得ることができます。

①生理予定日をコントロールすることができる

女性であれば生理の不快さは分かると思いますが、生理になると主に腹痛や腰痛、頭痛など体のあらゆるところに痛みが生じます。
また、ひどい時には下痢や吐き気、貧血、イライラしたり鬱っぽくなったりもするので非常に辛いものです。
しかし、ピルの服用によって生理をコントロールすることができ、生理が来るだけでなく一時的に予定日をずらしたり、生理をなくすことができるようになります。
また、女性に限らず誰でも、生活していれば万全な状態で過ごしたい日は必ずあると思います。
例えば楽しみにしていた旅行や大事な試験、仕事、その他イベントでは生理によってその日を台無しにしたくないと思うでしょう。
このような時のためにピルを使用することで生理日をずらしたりして快適に過ごすことができるようになるのです。

②婦人科系疾患を防ぐことができる

婦人科系の疾患が発症してきやすい時期としては30代を過ぎてからと言われていますが、それは出産や仕事など自身の周りの変化が大きいとされることと関係があります。
30代とはいってもこのように自身の周りの変化の状況にもよりますが、これらの時期には心身ともに疲れを感じやすくなり、ストレスや疲れからPMS(月経前症候群)や生理不順などが起こりやすくなり、さらには出産回数が減り、排卵数が増えたことによる影響で子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科系の病気にもかかりやすく、子宮頸がんの発症も増えていくとされています。
ピルには排卵を抑制する働きがあるので、このような病気の予防として効果を発揮します。

③実はピルは妊娠しやすい体を作っていた!?

ピルは避妊薬であることから、妊娠を望まない女性に対して使用されてきました。
しかし、だからといってピルを飲むと今後の妊娠に悪影響が出るわけではありません。
むしろ、逆でピルを飲むことで卵巣を休ませホルモンバランスを整えていたことがその後の妊娠しやすい体作りに繋がることがあります。
現代では20代~30代前半まではバリバリ仕事に打ち込み、30代後半で子育てをしたいという女性も多くいます。
自身のライフプランに合わせて柔軟に調整していくことができるのがピル使用の大きなメリットの一つではないでしょうか。

副作用と超低用量ピル「ヤスミン」

ここまでピルに対していいことばかりを紹介してきましたが、これまでピルについてよく知らなかった人にとっては意外に思われたのではないでしょうか。
しかし、ピルを使用するにもやはり薬品であることから、マイナスな部分として副作用も当然あります。
そのピルの副作用としては主に以下のものがあります。

・吐き気
・頭痛や腹痛
・むくみなど
・胸が張る

しかし、これらの副作用はピルを飲み始めてから2、3カ月以内に治まることがほとんどなので、そこまで過度に心配する必要はないといえるでしょう。

その中でも特に副作用の症状が出ないと言われる超低用量のピルが「ヤスミン」と呼ばれるものです。
ヤスミンは卵黄ホルモンと言われるエストロゲンの配合量が低いことから副作用がほとんど起こりにくいとされています。
初めての方や、体調に自信のない方、安心して服用したいと思う方はまずはヤスミンから始めてみることがいいのではないでしょうか。
服用を中止すれば妊娠も可能で将来の赤ちゃんにも影響がないとされています。

これまでピルに対して知らなかったこと、実は安全で逆に健康上にも問題なく、むしろ良い場合が多いということが分かりました。
是非、この機会に一度、超低用量ピルである「ヤスミン」の使用を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す