多くの若者も発症!?痛風って聞くだけで痛そうだけど、どんな病気!?

「痛風」。
名前を聞いただけでも痛そうですよね。
しかし実際、名前の通り痛風になると激しい痛みを伴うそうで、「痛風」と名付けられたのも風が吹きつけ、炎症を起こした患部に当たるだけで激しい痛みが走ることから来たそうです。
誰でも「そんな痛い病気には絶対にかかりたくない!!」と思われるかもしれませんが、男性に多く、その発症率は日本人男性の約60人に1人と言われており、5人に1人は痛風予備軍と呼ばれるほど急増しているとされています。
では、痛風は何が原因で発症してしまうのでしょうか。
発症を防ぐためには何が重要なのか、また、発症してしまった際の対策なども併せて紹介していきたいと思います。

痛風ってどんな病気!?

まず、痛風自体が痛い病気であるというのは分かったけど、具体的にどんな病気で、なぜそんなに痛むのかと疑問に思うことと思います。
痛風というのは尿酸という、プリン体が体内で分解されてできる燃えカス(代謝産物)が一定量以上増えると、その結晶が関節部分に蓄積し、炎症と激しい痛みを引き起こす病気です。
足の親指の付け根が痛くなることが多く、そのほかにも足首やくるぶし、ひざ、耳などにも痛みがみられます。
この痛みは文字通り、耐えがたいほどの痛みを伴いますが、たいてい1週間から10日ほどでしだいに治まっていくとされています。
しかし、痛みが治まったからといって尿酸が高い状態を放置したままにしていると痛みが再発しますし、再発するたびに治まる間隔も短くなっていきます。
その上、さらに関節部分の腫れが目立つようになり、尿路結石や腎臓障害を引き起こしてしまうので、痛みが引いたからといって決して油断はしてはいけません。
また、痛風は主に生活習慣によって引き起こさる病気とされ、それに関連する高血圧や高脂血症、糖尿病などの病気とも深い関係があることが分かっているので、痛風は命の危険になる動脈硬化を始め、脳梗塞や心筋梗塞といった恐ろしい病気にもつながっているのです。

痛風になりやすい人はどんな人!?

ここまで痛風の恐ろしさは理解できたと思いますが、では次にどういった人が痛風にかかりやすいのでしょうか。
今後気を付けていく点として自身でしっかり確認していきましょう。2

肥満気味でアルコールなどをよく飲む人

やはり生活習慣の代表的ともいえる肥満です。
肥満になってしまうのは普段の食生活や運動不足に加え、加齢とともに代謝が落ちてくることで起こりやすくなります。
脂質が高い食べ物やお酒などのアルコール、糖質の高いものを過剰に摂取しないようにしっかり管理していくことが大切です。
管理するというとストレスがかかり、継続し、実践していくにはハードルが高く途中で断念してしまうので、これらを全く食べなくとも、例えばラーメンやお酒は週に1回までという風に徐々に摂取する回数を減らしていったり、それらの好物に意識を向けないための新しい趣味や目標などを見つけるなど、何か人によって工夫し継続していける仕組みを作ることが重要になります。
やはり、人は意思だけでは難しい部分があります。
普段の生活習慣を変えることが最初は難しい場合、個人輸入代行サイトのネット通販で簡単かつ安価に購入できるザイロリックという痛風予防治療薬がおすすめです。
健康のためにまずは、継続して続けられるきっかけ(物でもなんでもいいです)が必要となります。是非、試してみてください。

汗っかきな人

次は「汗っかきな人」です。
そもそも汗というのは体温を下げるために出ているもので、体の表面で蒸発し熱を発することで体温を下げている仕組みになっています。
しかし、痛風の原因となる尿酸値はこのように汗をかいて脱水気味になっているときに上昇します。
そのため、よく汗をかく人、汗っかきな人は高尿酸血症になりやすく、痛風の症状が出やすいと言われているのです。
かといって汗をかくこと自体、決して悪いことではありません。
汗には良い汗と悪い汗があるとされ、詳しくは別の解説に譲りますが、ここでは良い汗をかき、痛風の原因となる尿酸値を上げてしまうような悪い汗のかき方を防ぐ方法を簡単にご紹介したいと思います。
まず良い汗をかくためには、簡単な有酸素運動が良いとされています。
毎日20~30分程度のジョギングやウォーキング、ストレッチなどでゆっくりと良い汗をかくようにし、尿酸値が上がらないようにしましょう。
そしてもう一つがぬるま湯での半身浴を行うことによって、軽い汗をかくことをおすすめします。

激しい運動をしている人

そして最後に痛風になりやすい人で紹介するのは普段、激しい運動ばかりしている人です。
運動は健康にいいとされていますが、かといってやりすぎには注意が必要です。
激しく運動をしている人はエネルギーの代謝や新陳代謝も激しくなるため、尿酸値が上がりやすくなります。
運動以外でも激しい活動には注意が必要となりますので、上記でも紹介したように激しいランニングなどの無酸素運動ではなく、軽めのジョギング、ウォーキングなどをメインに取り組むようにしましょう。

ザイロリックで恐ろしい痛風を予防しよう

以上のように痛風は恐ろしい病気とともに、普段から生活している私たち、誰にでも発症してしまいやすい病気でもあるため注意が必要です。
また、冒頭でも記載した通り年齢を重ねるごとにその可能性は高まっていくので、早め早めの予防や対策が必要となります。
普段からできる、痛風を予防していく対策はこれまで紹介してきた通りですが、かといって人間だれしも完璧に自己管理し続けることができるものではありませんし、好きな時に好きな物も食べたいし、好きなことをして生きていきたいと思うのは、生きる上でとても大切な考え方だと思います。
しかし、病気になってしまってはそれこそ元も子もないため、普段の生活の習慣を少しづつ改善していくとともに、本記事でも紹介した痛風予防治療薬である、ザイロリックの使用をおすすめします。
ザイロリックは痛風の原因となる尿酸値を下げ、尿酸値を防ぎ、改善するための薬です。
是非、発症率が高くかつ命の危険にもなる痛風を甘く見ず、健康で快適な生活のためにも取り入れてみてください。

コメントを残す