アカンプロルで解決!!アルコールを今すぐやめるべき3つの理由

ストレス社会を生き抜く私たちにとって、アルコールが欠かせない現代ですが、コロナで多くの人が外出を自粛され、自宅待機を余儀なくされる状況の中、アルコールの量はどのように変化したのでしょうか。

また、そもそもアルコールを普段何気なく飲んでいるが、実はそれが原因で様々なデメリットが生じていることも知られています。
今回はそんなアルコールによるデメリットやアルコールを断つことでどんな変化があるのか、また、コロナによってアルコールの量はどうなったのか、今の現状とアルコールから紹介していきたいと思う。

コロナによってアルコールは減った!?それとも増えた!?

コロナウイルスの影響から緊急事態宣言が発令し、自宅待機の要請、リモートワークの実施、飲食店の閉店などコロナによって私たちの普段の生活から社会全般が大きく変わりました。

このように飲食店では閉店から営業時間の短縮、アルコール提供の禁止など様々な規制がかかり、一般の私たちもそれに伴い、アルコールの摂取量は減ったのではないかと一見思えます。

しかし実際は逆にアルコールの摂取量は増えたことがデータから分かっています。
というのはコロナによる外出自粛などのストレスから自宅でお酒を飲む人が増え、約3人に1人がコロナ禍でお酒の頻度、量が増加したということが分かりました。
一人で飲む人もいれば、オンライン飲み会などオンラインでのコミュニケーションツールを使った新しい“飲み会”が開かれるようになりました。
直接、店などでお酒を交わさなくてもオンライン上でお酒を飲み、そこで会話をするのは同じことから、多くの方が自宅でお酒を飲むようになりました。

アルコールによって起こる危険な病気のリスク

しかし、疲れた後や忙しい日常から一息つきたい時、人はビールや焼酎などのアルコールを入れたくなるが注意したいのは何でも「やり過ぎ」ないことだ。
少量ならいいが、実はアルコールを過剰に摂取しすぎると様々な病気になるリスクやその他、普段の生活にデメリットを及ぼすことが分かっています。
痛風や急性アルコール中毒といった病気はお酒の飲みすぎで起こることは、多くの方が知っているかと思いますが、それ以外でも多くの病気の原因となります。
消化器ではアルコールによって肝臓に直接負担がかかる肝疾患、また循環器では心筋梗塞、心不全、高血圧、脳梗塞、脳出血などがあります。
アルコールによって血圧が上がることで血液循環器が収縮され各器官に十分な酸素や栄養素が行かなくなります。
その結果、脳梗塞や脳卒中以外でも心臓病や心筋梗塞などといったあらゆる命を落とす危険な病気にかかるリスクが高くなるのです。

アルコールによる病気以外のデメリットとは!?

アルコールの過剰摂取によって危険な病気にかかる可能性について紹介しましたが、病気以外では普段の私生活で、どのような支障がでるのでしょうか。
いくつか、みていきましょう。

①身体のむくみやダルさ

お酒を飲みすぎると次の日、顔がむくんでいたり、身体がだるく疲れが抜けなかったり、あるいは眠気がひどい状態などといった、いわゆる二日酔いの状態になるのはみなさん、周知の事実でお酒を飲む人は誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
これはアルコールには「利尿作用」というものがあり、水分が尿として排出されたり、アルコールを分解するのに水分が必要となることからアルコールによって体中の水分が不足した状態になることから起こる症状です。
疲れが取れなかったり、睡眠不足、身体がだるい状態だと例えば仕事中では普段ありえないようなミスを犯してしまいがちになります。
また、ストレスを感じやすくなり人間関係にも支障をきたしてしまうことから、アルコールの飲みすぎには注意しなければなりません。

②記憶力や判断力の低下

お酒は適量だと血液を活性化させ、リラックス効果もあると言われますが、飲みすぎると記憶力、判断力、思考力など脳に支障をきたすようになります。
飲酒後の事故が起こる確率も圧倒的に高くなり、人間関係でもトラブルを起こす原因にもなります。
一生を棒に振るようなケースも大いにあるので、飲みすぎには十分に気を付けなければなりません。

③老ける(肌荒れ、薄毛)

アルコールには摂取するとともに、体内にあるビタミンが消費されてしまうという作用があります。
そのため、普段、健康的な肌やその他の機能を作っている体内の各器官に悪影響を与えてしまいます。
最もあまり知られていないかもしれませんが、このことから肌荒れ、また薄毛へと繋がってしまいやすくなり、健康的だった顔が疲れたような、一気に老けたような見た目になりがちです。

お酒に依存している人にはアカンプロル

このように実はアルコールにはデメリット要素が多いことと、依存しすぎると取り返しのつかないような重大な病気に繋がることがあります。
それによって、人生は大きく変わると言っても決して言い過ぎではありません。
アルコールへの依存を断ちたい人はアカンプロルをお勧めします。
アカンプロルはアルコール依存症の治療薬であり、主成分であるアカンプロサートカルシウムには脳神経への刺激を通して、お酒を飲みたくなる欲求や高ぶりを抑え効果があります。
辞めたいけどやめられない人、今回ご紹介したデメリットを断ち、快適で有意義な人生を送りたい人は是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。
個人輸入代行サイトの三越屋から安価に手軽に購入できます。

コメントを残す